BLOGブログ

HOME//ブログ//そのままを受け止めるあり方

ブログ

そのままを受け止めるあり方



マインドフルネスの定義の一つに、「判断しない」というものがあります。

これは、物事に自分の好き嫌いや良し悪しなどの意味づけをすることなく、そのままを受け止めるということです。

人は、無意識の内に、あらゆる物事に対して自分なりの意味づけをしています。そして、それは本人にとっては当たり前のことなので、なかなか自分が意味づけをしているということ自体にも気づきません。

私は以前は、自分で自分に無意識にダメ出ししていることが多かったのです。それは、「こうあるべき」「一般的にはこうするもの」と言った思い込みがかなり強かったからです。その通りにできない自分をよく責めていました。

ところが、マインドフルネスな物の見方を身につけてからは、今目の前にある事実を受け止めることができ、あまり自分にイライラすることがなくなりました。そして、落ち着いて、ではどうすればいいかということを考えられるようになりました。

それと同時に、周囲の人たちに対しても、以前よりも友好的に、感謝を持って接することができるようになったと感じています。

元々できた人間ではないので、まだまだ自分をコントロールできない時もありますが、穏やかな気持ちでいられる時間が増えました。

ぜひ、たくさんの方にこの「判断しない」受け止め方を知っていただきたいなと考えています。

講師 丸田和賀子
SHARE
シェアする

ブログ一覧