BLOGブログ

HOME//ブログ//マインドフルネスは2500年の歴史が

ブログ

マインドフルネスは2500年の歴史が



マインドフルネスの重要性をいち早く見抜き、その方法論を説いたのが仏陀です。

仏教では、瞑想を通じてマインドフルネスを養うということを、2500年もの間続けてきました。

それが、科学と出会い宗教色を除いて、ヘルスケアやビジネススキル、自己啓発として再編集されました。

最近の脳科学や心理学の研究では、マインドフルネスがストレスを減らすだけでなく、適切な意思決定、幸福感、疼痛の軽減など、私たちの心身に多くの恩恵があることが示されています。

講師 伊藤之彦
SHARE
シェアする

ブログ一覧